旅ブロ.com

旅好きのけいちゃんです。旅に関するお役立ち情報や、海外に関することなど発信していきます!

社会人から旅人・留学・ワーホリへ、退職時の手続き

 

f:id:el-taktak12:20180227224258j:plain

5年勤めた会社を辞めて、海外に出るけいです。

今回は、会社を辞めて留学や旅・ワーホリに出る人向けに、退職時の手続きについて、情報を提供させていただきます。この内容を見れば会社を辞めた後、計画的に動けるようになりますので、ぜひチェックしてください。

初めに

日頃、会社で働いているときにはあまり意識しない社会保険や税金ですが、退職するとなると今まで会社がやってきてくれたことを自分でやらなければいけません。また、無職になったためにもらえるお金もあります。今日はその4点をご説明していきたいと思います。

・「健康保険」

・「国民年金

・「失業保険」

・「住民税」

今回この4点から退職後、旅など海外に出る人はどうすればベストなのか。について説明していきたいと思います。

 

  • 健康保険

まず、日本は国民皆保険制度になり、日本で住んでいる限り何かしらの健康保険に入っています。会社員は健康保険。公務員は共済組合。自営業者などは国民健康保険になります。会社や公務員をやめた際、個人で所属しているところはなくなるので、国民健康保険に入らなければいけなくなります。

ここまでは、健康保険の簡単な説明になりますが、これから海外に行く私たちにとって、日本で病院にかかることはないし、海外旅行保険も掛けるから必要ないんじゃないの?ということです。

確かに海外でも病院にかかり、日本に帰って請求したら一部の金額はもどってくるとのことですが、そもそも海外旅行保険をかけておけば、それで補えるので必要ないですよね。しかも、海外旅行保険と健康保険料、両方とも保険料を支払わなければならないというのは正直、もったいないです。ではどうすればいいか。

①住民票を抜く

海外転出とも言いますが、「長期で海外に行くため」という理由で住民票を抜くことは可能です。その場合、国民健康保険料を支払う必要もなくなります。海外にいる間は海外旅行保険、国内に帰ってきたら住民票を入れ、再度保険に加入しなおすのがベストになります。

②親の扶養に入る

この場合、親が従業員として働いている方に限ります。扶養に入れば健康保険料を追加で払うことがなく、また健康保険の適用対象にもなります。手続きも煩雑ではないですし、一時的に日本に帰ってきた際にも治療を受けられますので、可能ならこちらを最優先で考えましょう。

国民健康保険に入る。もしくは、健康保険の任意継続被保険制度に加入する。 

海外には行くけど、そんな2ヶ月や3ヶ月など長期ではいかない。親の扶養に入れない。その場合はこちらをお勧めします。また国民健康保険と、健康保険の任意継続被保険制度のどちらがいいかということですが、これは都道府県によりけりで一概には言えませんが、任意継続日保険制度に入っておけば、まずは間違いないかと思います。後で考えて国民健康保険がいいと思えば乗り換えることはできますが、任意継続被保険制度に変更することはできないからです。

 

次に、年金の切り替えが必要になります。今までは会社の給与から自動で天引きされていましたが、新たに個別で加入しなおさなければなりません。

国民年金に関しては、「退職後14日以内に申請しなければいけない」となってはいますが、そんなに急ぐ必要はありません。事実、手続をしなくてもすぐに差し押さえなどがくるわけではありません。たまたま一時帰国などで日本に帰ってきたときに、申請すれば問題ないです。また、その際に失業申請をすれば、過去失業日まで遡って免除されます。(支払ってきた期間の算出においては、その免除期間は2分の1ととなりますので注意が必要です。)

ちなみに、失業期間に年金を支払うと支払い能力がありとみなされ、後から免除申請してもお金が返ってくることはありません。(区役所に確認済み)

無職でも年金を払える余裕があるかた、将来のために払っておこうという方は納付しましょう。

住民票を抜いた場合、自動的に年金を支払わなくてもよくなるようです。住民票が年金と連動しているためです。しかしこの場合、免除申請等はできず、ただ単に加入していなかった期間として計算されます。また払いたい人は住民票を抜いた後でも払えるようです。(私は払いませんでした) 

 

  • 住民税の納付

住民税に関しては、避けて通れない道です。前年度の5月までの所得に対して税金が計算され、翌年度に税金としてかかってきます。退職になると、5月までの住民税を一括納付、または最後の給与で一括支払いをしなければいけません。さらに翌年の住民税に関しても、退職月までの住民税が6月に計算され、役所から振込用紙が届きますので、一括納付が必要です。一括で難しい場合は分割納付になります。市役所(千葉)で確認してきましたが、一括納付においても年に何回かの支払い期間が決まっていて、そのどれかの期間に払ってくれればいいとのことでした。

 

  • 失業保険

せっかく働いていた時に税金として納めていたのでもらいたいですよね。ただ今後、長期で日本を離れる人間にとってかなり受給条件が厳しいです。

主にこの制度は、就職を希望している人に対して出す保険であり、旅人や留学など就職する意思がない人間には支給しないとのことです。

また制度的に、自己都合退職だと7日+3ヶ月間の待期期間があります。そして待機期間が終わればようやくもらえるようになります。ただその期間も就職していた期間により違いますが、20代ならだいたい3ヶ月ほどです。

 さて、下記が受給するための条件になります。

①待期期間を含めて1カ月に1回、必ずハローワークに行って職探しをする。

②離職後1年経つと期限切れになってしまうので、最初の申請は遅くても離職から半年が期限。(待期期間7日+3ヶ月)+受給期間3ヶ月のため

ただ、受給期間が1カ月や2か月でもいいという方は7か月目、8カ月目で申請でも大丈夫です。

 どうしても受け取りたいという人は、毎月就職活動をしに日本に帰り、ハローワークに行かなければいけません。また受給額も会社員でもらっていた給料の70~80%になります。

 ちなみに、不正をすると罰則があるみたいなので、替え玉とかはしないでくださいね。私はあきらめました。

 

以上になります。何かと煩雑な手続きですが、やってみるとそんなに難しくありませんでした。また、一括で手続きをするなら市の出張所等ではなく、役所に行った方が一括で処理ができるのでお勧めです。参考にしてみてください。

杏の花を探し求めて ~千曲市あんずの里~ 

「杏の花を見てみたい。」

杏の花にこだわり始めたのは、半年ほど前。「桃源郷」という言葉に惹かれたからでした。そして杏の花を探してみると、実は日本にもあんずの里という場所が存在するということがわかり、行ってみることにしました。

長野県千曲市

ここは姫様が第三代松代藩に嫁いだ際、故郷を偲ぶ品としてあんずの種子を持って行ったのが始まりだとか。

今年は例年より早く暖かくなったので2~3日開花が早まったのだとか。そんなこともあり4月3日、満開のお知らせがでたので早速行ってきました。

あんずの里内にはいくつも駐車場があり、平日ということもあったのでどこでも停めることができました。ただ里全体を歩いてみたいなら観光会館前の駐車場がおすすめです。そこで郷土料理など食べることができるからです。味はなかなか美味しい!

その後、5分~10分ほど道なりに歩いた先に展望台があります。(展望台というほどの展望台ではないが。。。)

そこから撮った写真がこちら。

f:id:el-taktak12:20180415100721j:plain

あんずの里っていわれるだけあって綺麗ですね。

ちなみに、そこの展望台のところも売店になっており、あんずのアイスクリームやジュース、特産品などが買えます。なかなかここでしか買えないような一品が多いですね。

なかなか辺り一面に「あんず」というのはないので、ぜひ行ってみてください。!

 

 

ニートになってから1週間。やりたいことがあるためと言って会社を辞めた人間の心情

ニートになって1週間経った、けいです。

今日は、先月までバリバリ働いていた人間がいきなりニートになった時、どんな心境になるのか、ブログに記したいと思います。

 f:id:el-taktak12:20180407135501j:plain

心にぽっかり穴が開いたようになる

先月までバリバリ働いて、最後までやり切って半期の優秀賞を取って即終了みたいな終わり方をしました。次の日から一気になにもやることがなくボーっとする毎日。ボーっとしていることに対して、何か物足りなさを感じます。そして落ち着かない。何か動いていないといたたまれない感じがあります。

将来への不安を感じる

他の同世代が働いている中で自分だけがボーっとしている状態です。いくらやりたいことがあるからと言って辞めても、周りがそんな感じだと、自分の選択は本当に正しかったのだろうか、と自問自答してしまいます。

働きたくてしょうがなくなる

不思議なもので、長期連休とニート期間は全くの別物です。連休は終わりの日がありますが、ニートは終わりがない。次がないのです。(次の職があれば別)そして不思議と働きたいという気持ちが沸いてきます。(プライベートの先輩にそれを言ったら、「お前は完璧に社畜化されてるな」と笑いながら言われました。)

今までとは別の視点で周りを見るようになる

平日に私服を着て都内をあるいていると、「あー、スーツ着て頑張っているな」「この人はなんで平日にいるんだろう」など、今までなかなか見えていなかった面が見えるようになります。私服の同世代なんてまずいないです(笑)

1日が早い

社会人だったころは、毎日がルーチン化しており、やることもほとんど同じでした。そんなこともあって、1日がすぐ終わってしまうんだろうな。と思っていました。思っていたんですがニートになっても1日は早いです。結局、歳を取ったら時間の感じ方が早くなるのは、どんなことをやっていても同じのように思われます。

f:id:el-taktak12:20180407135724j:plain

結論

すぐに行動に移さないと、たぶんやばいことになる。これが私の感想です。色々な意味がありますが、何かをやらないと一瞬で1年が終わりそうな勢いです。頭の回転も鈍ってきていることを感じます。そして不安で押しつぶされそうです。正常と言えば正常なのかもしれませんが、人事が転職者のブランク期間を気にするのもなんとなくわかる気がします。社会人にとってニートっていいように受け止められがちですけど、意外にいいものでもなんでもありません。やっぱり人間、ないものねだりなんでしょうね。

 

HELPマーティンス校 まさかの面接不合格 私の感想 

f:id:el-taktak12:20180317142940j:plain

こんにちわ。けいです。

5月からフィリピンの語学学校に行こうと思っております。

理由としては、色々な人と話をしてこその旅だと思っていますし、帰国したら海外と関わりのある仕事に就きたいと思っているからです。

さて今回、フィリピンの語学学校の中でも比較的レベルが高く、評判が良いと言われているHELPマーティンス校の口頭面接を受けてきました。

私の英語のレベルと、面接の内容を踏まえ、感想を書いていきたいと思います。

・私の英語力

TOEIC725点(2018年3月現在)

4か月間、英会話塾に参加。先生とも問題なくコミュニケーションが取れるレベル。

言いたいことを詳しくは言えない。(大まかな内容は伝えられるが、長い分や難しい言葉などは使えない)

アジア圏では中国人や韓国人と意思疎通が問題なく取れる。

 

・ヘルプ マーティンス校の入学基準

TOEIC680点相当の語学力。

英語面接試験に通過すること。

面接の基準として、

  • 流暢さ
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 内容・一貫性
  • 論理

が求められるようです。(HELPホームページ参照)

・結果

 

再テストなしの、不合格。

 

・私の感想

面接は、LINE電話を使って行いました。

合否結果に私は納得しています。

その理由ですが、

 

1、面接官とラインで面接した際、なんか感じが悪いなと思った。

外人相手ですし相性の問題もあると思いますが、テンションが低く、相槌もあまり打ってくれませんでした。

お昼時に面接をやったから機嫌が悪かったのか?とも思ってしまいました。

 

2、問題の内容が、日本語でも言いにくい内容だった

質問の一つに、友達は少ない方がいいか、多い方がいいか、どちらがいいですか?自分の意見も含め解答してください。

という質問がありました。

これは自分にとって、日本語でも答えに迷いました。

は?別にどっちでもよくないか?人それぞれだし。そんなこと日本語でも答えられないよ・・・・

当然、日本語で答えられない問題を英語で答えることができず。適当に解答。

多い方がいいんじゃない?困ったときに手助けしてくれると思うし

無茶苦茶短文です(笑)

これ以外に、日本語でも意見を言いにくいような内容がもう1つぐらい続きました。

なかなか、自分の意見を事細かく話すこと、特に普段あまり考えていないことに対して意見をするということは本当に難しいと感じました。

 

3、的を得ていなかった

これは面接が終わってから気付いたのですが、

結論+内容

という構成にするべきだったと思います。質問内容もありますが、途中で自分が何を言いたいのかごちゃごちゃになって、歯切れの悪い会話の終わり方がほとんどでした。

 

 

これはあくまでも私の見解ですが・・・

この面接に関して、TOEICが基準に満たしていなくてもコミュニケーション力があれば通過できると思います。

面接ですからね(笑)

他の方の感想などもみていると、一発で質問を聞き取り、流暢に言えなくても、しっかりとわからないことは聞き返し、ゆっくりでもいいからわかりやすいように説明する。そうすれば受かるとの記事をみました。

 

あとは、面接官ですよね。人間ですし、やっぱり喋りやすい人と喋りにくい人、いると思います。ここは運だなと思います。

もちろん、質問に関してもですよね・・・

 

今回、残念ながら入学には至りませんでしたが、色々と反省点もあり勉強できたと思います。今後も含め、別の学校で必ず挽回してやろうと思います。

ブログ主の自己紹介 旅ブロ.comスタートします。

こんにちわ。初めまして。自己紹介が遅れました。

名前はけいと言います。

1989年生まれの28歳です。

昔から、どっちかというと大人しい性格で、家にいるのが大好きな人間でした。

ただその性格も、大学でサイクリングサークルに入ったことがきっかけで、旅が大好き!行動派になってしまいまして・・・

 

大学時代では、自転車で鹿児島から北海道の稚内まで、日本縦断。

そんな日本縦断で一人旅に魅せられ、「日本でこんなに色々と見れて、色々な人と関わり合うことによって感動させられ・・・」

んじゃぁ、世界行ったらもっと面白いんじゃないの!?

こんな感じで、初めての海外でバックパッカーデビューし、世界一周してきました。

今考えれば、無謀にもほどがあるだろうと思います(笑)

本当に旅の中で色々な人と会って、わからないことだらけだったけれど交流して、自分の常識を覆されたり、ショックを受けたり。

金を盗まれたり、外人と喧嘩したり、

世界遺産や風景を見たり・・

「世界ってこんなに広いんだな・・・・」

本当に今までの自分は視野が狭く、ちっぽけだったな。と思います。

30か国以上旅をしてきて、学生時代も終わり、

就職氷河期であったものの、なんとか職に就き、

とりあえず3年と言いながら、はや5年が経ち、

日本の社会にこのまま適用していくんだろうなと、思いました。

が・・・

「やっぱり何か違うなぁ・・・」

協調性が最重要視される日本社会にとって、個性の塊の自分は生きずらかった。

がむしゃらに仕事をし、成績優秀賞などをとっても、給料が劇的に上がるわけではなく、次のステップも見えてくるわけではなく、同じことを繰り返す毎日。

そして連休中、たまたま中国に旅していた時に中国人に言われた言葉が刺さる。

「このまま会社で勤めれば、それなりの収入を得て生きていけるけど、そんな将来が見えている人生なんて面白くないよね」

あぁ・・・この毎日がマンネリ化している状況はそのせいか・・・

「安定」もいいと思うけど、やっぱり自分のやりたいことをもっとやりたい!

20代の最後に語学を学び、もう一度バックパッカーをやりたい。

その後、海外と関われるような仕事につきたい。

その思いで会社を辞め、留学・旅に出ます。

周り何を言われようと、自分の人生。自分の満足いくようにやってやる。

やらないで後悔するよりも、やって後悔してやる。

以上!

ブログに関しては、今まで旅をしてきた内容や、留学・これから旅をする内容など、旅に役立つ情報、日記、さらには面白かった出来事まで、色々書いてきます。多分、今回は前回行けなかった比較的マイナーな地域に行くと思いますので、ぜひ参考にしてくれたらと思います。

よろしく!

海外であった話② 食べ物で腹を壊す。上からマーライオン、下からナイアガラの滝。便所の個室で逆イナバウアー

f:id:el-taktak12:20180304095609j:plain

上からマーライオン、下からナイアガラの滝。便所の個室で逆イナバウアー

 インド、ダラムシャラーでの出来事。

このエリアは飯がうまかったので、食べ歩きをしていた。

一件目は日本食専門にやっているレストラン。ここは安いしうまかった。ただご飯だけはべっとりしててダメ。

次にチベット料理のトゥクパを食べに行く。

正直こんなもんかーという感想。ラーメン風だが味が薄すぎる。さらに野菜がこれでもかというほど盛ってある。いまいち。ただ腹はいっぱい。値段も安い。

そんな感じで休息のため、ネットカフェへ。

バナナミルクシェークを頼むがこれが大当たり。

飲んで10分後、腹がおかしくなる。今までにあったことないぐらいおかしくなる。
ゲストハウスへ速攻で戻り、便所に立て籠もる。

下痢のオンパレード。さらにゲロのオンパレード。尋常じゃない。5回も吐き、下痢もそれ以上。

上からマーライオン。下からナイアガラの滝状況である。(どっちも見に行ってないけど)上と下、同時に吐いたのは生まれて初めてだ。まさに逆イナバウワー状態。

おまけに籠城していた便所をスタッフが無理やり開けて、鼻をつまんで「臭い臭い」ジェスチャーして消えていくインド人。頼むから救急車呼んでくれ。

そんな感じで全て吐き切った後、ゴキブリが殺虫剤をかけられたようにもがく。ゲストハウスのベッドの上でもがく。そんなことをしている間に意識が薄れベットで寝ていた。

海外であった話① バックパックをすべて盗まれる

f:id:el-taktak12:20170326225656j:plain

アルゼンチン、ブエノスアイレスにて。バックパックをすべて盗まれる

その日は卒業旅の最後の日で、帰国日だった。空港までいくためにバス停でバスを待っていたんだが、お土産を買いすぎたせいか、いかんせんバックパックが重い。

仕方ないので木の横にもたれかからせるようにしてバックパックを置く。もちろん、バックパックから離れたりはしていない。

これが一番の失敗だった。

少しして、ボケたおばさんが自分に話しかけてくる。

「qzうぇxrftcgyvふじk」

もちろんそっちに意識が向く。

「なんや?このばあさん。」

本当に、本当にちょっとなんだ。目を放した隙に、俺のバックパックがない。

「あれっ?バックパックどこいった?」

みたいな感じでキョロキョロ探して、一緒にバスを待っていた兄ちゃんに聞いたら一台の車を指す。

「本当に?いつのまに?そりゃないよアミーゴ、アミーーーゴーーーー!!」

車を指されたとき、信号で止まってたので全力で車に向かってダッシュ

しかし、すぐに信号が青になって車は遠くにいってしまった。。。。

しかも、おばさんもいないし。。。あいつらグルだったんや・・・・

 

でも1時間もしたらヘラヘラ笑っていた。起こってしまったことはしかたないし、たいして大事なものが入ってなくてよかった!である。

旅券とチケットだけマネーベルトにあったので、空港でチェックイン。ことなきことを得る。

空港スタッフは驚いていただが(笑)