バックパッカーから社会人へ。中途採用最前線に異常あり!(面接編)

絶賛就活中のけいです。

 

前回の企業エントリーから、今回は面接について書いていきたいと思います。

 

毎日、就職が決まるのか不安で仕方がないですが、朝一の瞑想で不安を消しています。

 

インドで修行した甲斐がありました。

 

f:id:el-taktak12:20190424193925j:plain

バックパッカーをしていたブランク理由をどう話すか。

さて、海外と関わり合いのある企業にエントリーしてます。

そして、面白いことに企業のカラーは面接でよくわかります。

合うか合わないかは大体わかります。

直感です。

これを大事にしています。

 

面接でのブランク期間についてですが、嘘偽りなく正直に言うべきです。

 

受けた会社の中で1社だけ、

 

「旅行したいからって会社やめちゃうんだ?」

 

と、言われたことがあります。

 

『何いってるんだ。この人は。しかも旅行じゃなくて旅だよ。君に何がわかるんだ?』(#^ω^)ピキピキピキ

 

さすがに、口に出して言いませんでしたが

 

もちろん、この会社さんはお見送りになりました。

 

見送ってくれてよかったなと自分でも思います。

 

他の会社では、ブランクの理由について聞かれましたが、そこまで突っ込まれませんでした。

しいて言うならば、

 

・会社を辞めてまでやりたかった理由

・やってきて学んだこと

 

これさえ言えれば問題ないです。

 

私の場合、

・将来的に結婚したいのでやるなら今しかない

・様々な文化や人間と話しができて、視野が広がった

それと、「英語の勉強をしてきてTOEICを取ってきた」ことを話しました。

 

大体うなずいてくれます。

 

なので、そこまで気にしなくていいと思います。

 

要するに、やってきたことを受け入れてくれない企業は、入社しても活躍できない。

 

これにかぎります。

 

f:id:el-taktak12:20190424195151j:plain

面接では思い出話を話さないこと

バックパッカーや留学してきた思い出、内容については、自分からあまり触れない方がいいです。

 

私も言われましたが、人事の方は、

 

・応募者が職務経歴書や履歴書通りの人間かどうか。

・入社して活躍できるか。

 

これを主に見ています。

 

旅や、留学の思い出なんて興味がないのです。

 

ですので、聞かれたときに、端的に理由と回答ができれば十分です。

 

次は、私も頭を悩ませた志望動機について書いていきたいと思います。

バックパッカーから社会人へ。中途採用前線に異常あり!(企業エントリー編)

こんにちわ。

久しぶりのブログ更新になります。

バックパッカー終了から、はや2ヶ月経ちました。

この間、私は毎日、就活です!

履歴書や職務経歴書から始まり、エージェントに登録して、応募の毎日です。

そして、苦戦しております。

 

f:id:el-taktak12:20190424182904j:plain

ニートなんて絶対ムリ!しんどい毎日。

これは経験してみないとわからないと思いますが、バックパッカーや留学していた時は、目標があり、それなりと生き生きしておりました。

TOEICスコアを取りたい!とか、次の目的地までどうやって行って、これを見たいとか・・。

はい、充実した毎日でした。

 

これが一変。

 

目標がなくなるとただのニートと化します。

そして、社会から必要とされていない感が私を襲います。

「このまま就職できなかったらどうしよう」

「やっぱり、ブランクなのか?」

「早く働きたい・・・」

ネガティブの感情が毎日襲います。心が重い。しんどいです・・・

 

それと同時に、何をやりたいかわからないです。

これは人によりけりだと思いますが、5年間も金融業界に居たら金融のことや、それにかかわる業種のことしかイメージできなくなります。

 

悩みます。

悩んで悩んで、そして、会社へのエントリーがなかなかできません。

ブラックだったらとか、失敗したら、なんてのが頭に浮かびます。

 

かなりネガティブになっております。

 

一生の仕事って何でしょうね。せっかくバックパッカーやってきたのに、就活に限ると視野が狭くなってます(笑)

 

f:id:el-taktak12:20190424185124j:plain

そしてエントリーが落ちまくる

転職エージェントに登録して、そこから紹介される企業をメインに受けていきます。

私に関しては、海外とかかわる仕事をしたいというのが元々ありましたので、商社やメーカーがメインです。(もちろん、イメージは湧きません)

結果、エントリーしてもお祈りばっかりです。

いくらTOEICを800点以上持っていようと、前職での営業成績が良かろうと、業界での価値のなさを実感します。

ちなみに、業種は営業です。

 

エージェント曰く、書類通過は大体10%~20%ということ。さすがに門が狭すぎやしないですか・・・

 

運良く書類が通っても、第2の関門。WEBテストが待っております。

 

私の頭のなさもありますが、正直きっつい・・・。

有名どころの本を1冊回してもなかなか、思うような問題が出てくれないです。

 

企業によっては、性格診断を重視しているとか言いますが、まー、わからないです。

海外で就職する場合、SPIなんかないのに、なんで日本にはこんなテストがあるんだ!つくづくリクルートは便利と不幸を届ける企業だなと。

 

次回は面接編に続きます。

 

タシケント⇒サマルカンドへ 列車・乗り合いタクシーでの移動方法

タシケントからサマルカンドへ移動するなら、

 

列車が断然おススメです!!

 

ただ、ウズベキスタンで列車に乗るのは若干難しい事情もあります・・・

 

さて、今日はタシケントからサマルカンドまでの移動方法について、説明していきたいと思います。

 

f:id:el-taktak12:20190505145825j:plain


列車で移動する

まず列車での移動ですが、なかなかチケットを取るのが難しいです。

理由としては、

ウズベキスタンでは列車での移動が大人気!

・定期運転はありません!

・列車の方が、車よりも断然早い

 

特急チケットになると、レベルがさらに上がります(笑

 

事前予約に限る!これだけですね。

 

ネットでのチケット取得方法はわかりませんが、時刻表のURLは入手しましたので、参考にしてください。

 

URL:http://eticket.uzrailway.uz

 

タシケント駅でチケットは予約&購入できますし、外国人専用窓口もあります。

 

注意したいのは、発着駅がタシケント・ユーニイー駅の場合がありますので、スタッフにしっかり確認しましょう。

 

私はサマルカンド行きは乗れませんでしたが、ヒヴァに行く際は当日でもチケットが取れました。

 

f:id:el-taktak12:20190505150034j:plain

乗り合いタクシーで移動する

2つ目の方法は乗り合いタクシーです。

 

サマルカンド行きのタクシー乗り場は、地下鉄オルマゾール駅を出てすぐにあります。

 

*駅名が変更されたとのことですが、場所はここです。

 

駅を出たら激しい客引きがあるのですぐわかります。

 

需要も結構あるので、乗り合いタクシーも頻発。

 

タクシーは、4人集まったら出発します。

 

運賃は交渉しなければいけませんが、相場は50,000ソム。人数が集まらない時間帯だったりすると若干値段が上がったりします。

 

大体、サマルカンドまで5時間半といったところでしょうか。

 

到着先はレギスタン広場の対面にあるレギスタンストリートを挟んだタクシー乗り場で降ろされます。

 

ホテルまで行くには、そこで再度タクシーを拾わなければいけません。

 

ちなみに、国内移動でバスはありません。こっちの文化なんでしょうね。

 

移動に関しては、ツーリストプライスで言ってきますが、ある程度は下げれます。ただ現地民並みの金額は難しいと思われます。

 

 

石の町タシケント おススメのホステルとレストラン

f:id:el-taktak12:20190505135508j:plain

 

石の町タシケントは街が綺麗に整備されキレイです。

 

道路もしっかりと舗装されていて、中央アジアにもこんな場所があったとは・・・

 

さて、今日はゲストハウスとレストランについて紹介します!

  

おすすめのホステル

 

Trip.LE

 

タシケントの中でも高級住宅街に位置し、治安も良し。

 

宿泊代金は朝食込みで7ドル+市民税2ドルで合計9ドル。

(市民税に関しては、ウズベキスタン国内ならどこの宿でも2ドルかかるので注意!)

 

ちなみにBooking.comで予約しないで行くと、1ドル安くしてくれました。

 

トルクメニスタンの大使館も徒歩15分ぐらいで行け、おそらく徒歩圏内のホステルなら最安値なのでおススメです。

 

1Fにゆっくりできる部屋があり、そこで色々な国の人と交流できます。スタッフはよくここでPS3をしてます(笑)

 

詳細:https://www.booking.com/hotel/uz/trip-le.ja.html

 

おすすめのレストラン

 

Le Buffet

 

フランス料理です。見た感じは女子向けのお店ですが、料理がおいしく安いです。

4ドルぐらい出せば、1食たべれちゃいます。

お菓子もありますので、お茶しながら一息におススメです。

 

住所:22 Shota Rustaveli ko'chasi, Тошкент, ウズベキスタン

 

 

Bog’i Chinor

 

ウズベキスタン料理です。大衆向けの店で人気店です。

値段も安い!5ドルぐらい。量も多く大満足。肉料理がおススメ

少しだけ中心地から離れているますが、地下鉄のBunyodkorから歩いて行けます。

 

住所:867R+G9 タシケント, ウズベキスタン

ホームページ:http://bogichinor.uz/

 

 

Afsona

 

ウズベキスタン料理です。ちょっと高級。

値段はそんなに高くありません。トータルで8ドルぐらいで、サービスチャージが取られます。

トリップアドバイザーの常連で外人客が多いです。

サービスはちょっと残念だったかな・・・味は良しです。

ラグマンがおススメ。脂っこくなく、麺にコシがあります。

 

住所:Taras Shevchenko ko'chasi, Тошкент, ウズベキスタン

 

 

タシケントの物価は比較的に安く、6ドルもあればレストランでそれなりに食事が食べられます。

 

ローカルな人が行くようなご飯屋はサービス料もなく、3ドルも出せばプロフ+お茶+フルーツが食べられて大満足。

 

しかも旧ソ連の中でも3大美食都市と言われてたぐらいなので、ご飯も他の中央アジア諸国に比べるとレベルが違うほどうまい!

是非おススメ。

  

両替と物価についてはこちら

 

余談ですが・・・

瓶のコーラとスプライトが売っている。

値段も1,500ソム(20円ほど)。この値段では日本だと飲めないですね~

250mlだったかな?飲みきりサイズでちょうどよかったです(笑

タシケントの町にはバスと地下鉄が走ってますが、ほとんどの人は個人タクシーを利用します。

値段もその場で交渉で、距離によっても違ってきますが、15,000ソムあれば、街中どこでも行けるような感じでした。

バックパッカーから社会人へ!おススメ転職エージェントまとめ

f:id:el-taktak12:20190427004426j:plain

バックパッカーが社会復帰するまで。

 

今回は、転職エージェントについて、書いていきたいと思います。

 

再就職活動を始めてから、4社ほど転職エージェントに登録させていただきました。

DODA

リクルートエージェント

マイナビエージェント

パソナ

 

今までの経験から、どれがブランクのある人間にとってベストか、書いていきたいと思います。もちろん、担当したエージェントによるところが大きいですが、それぞれ色があるので参考になると思います。

 

DODA

絶対的におススメできません。

なぜ他のサイトでは勧められてるかわかりません。

まず、エントリーから結果の回答まで、1週間~2週間ほどかかります。

そして、平気でNG回答がきます。

既に退職をし、就職活動に専念している人(私も含む)にとって、この時間はきっついです。

私の担当は、2週間以上ほったらかし、フォローもなし。これが2件続き、使うのを辞めました。

他のブログでも見ましたが、バックパッカーなど社会人ブランクのある方にはおススメできません。やる気がないのでしょう。

 

リクルートエージェント

2社目に使ったのがリクルートエージェント。ここは扱う求人数も多く、経歴書も添削してくれ、てきぱきとやってくれました。

応募から結果回答まで、1週間以内で来るものが多く、相談したら対応してくれます。

個人的には、効率を重視しすぎて求職者にあまり寄り添ってないなと感じました。

ただ、非公開求人も多数あるので、ここに登録することはおススメします。

 

マイナビエージェント

3社目はマイナビエージェントです。登録後、連絡がありましたが基本的に電話面談とのこと。

扱う求人数も少なかったかなというイメージ。

ちゃんとフォローなどもしてくれたので悪いイメージはありませんが、応募したいと思う求人が少なかったです。

一応、登録してもいいかなーというレベルです。 

 

パソナ

4社目がパソナ私が一番おススメしたいエージェントです。

まず、親身に相談に乗ってくれます。そして求人を押し付けることもありません。

どういう業界にいけばいいか、面接の対策など、アドバイスを頂けます。

担当の差もあると思いますが、一番良かったかな。

ブランクについても特段、それがあるからといって突き放す感じもなかったですし。

求人数は、大手と比べると少なくなるようなイメージですが、初めての転職の際は、パソナがおススメです。

 

以上、社会人ブランク向け転職エージェントまとめでした。

語学留学&バックパッカー終了。最高の1年だった!

ついに私の旅も終わりを迎えました。

 

なんか旅に満足したというか、もうやりたくないというか。逆にそんな時期が来て、次のステップに踏み出せることに嬉しいです。

 

問題は、社会復帰ができるのかどうか。。。

 

これに関しては、わかりません。

 

簡単に経歴についてですが、中堅私大入学➡1年休学して卒業➡金融機関に5年間➡1年バックパッカー

こんな感じで、履歴書が若干汚れています。

 

さて、今回は1年間の足跡ということで何をやって、どこに行ってきたのか。記録をブログに残したいと思います。

 

最初はフィリピン留学から

会社を辞めてから、最初にいった海外はフィリピン。理由は2つ、1つは留学後に色々な人と会話をしたかったため。これは前回バックパッカーをしたときに全く会話できずに悔し思いをしたからです。

もう一つは、TOEICの点数を上げるため。再就職を考えた際に、やっぱり海外とかかわりがある仕事をしたいとの思いがあったから。

3か月間、留学をしていましたが、そのおかげで結果的にTOEICは800点を超え、外人とも普通に話すことができるようになりました。

 

一応、体験談も残してあるので参考にしてください。
doko-iku.hatenablog.com

 

バックパッカースタート!

念願のバックパッカースタートは7月の下旬頃からでした。中国のウルムチに飛んで、そこからひたすら西へ西へ。

今回のルートはこんな感じでした。

f:id:el-taktak12:20190424174324j:plain

 

ともかく中央アジアに行きたいという気持ちが強かったです。

中央アジアからイランへ抜けて、コーカサス地域へ。

飛行機を使わず、列車やバスを駆使して陸路移動。結構大変でしたけど、深夜特急みたいで面白かった。

やっぱり、陸路でしか見えない景色や、国境を挟んだ格差の違い、地元の暮らしなどは陸路でしか見えないのでお勧めです。

 

グルジアからは、WIZZというLCCがヨーロッパや中東方面に結構飛んでいるので、それを使いました。

私はキプロスへ。1万円以内で済んだのはラッキーです。

ヨーロッパや中東は、WIZZエアーの路線が結構ありますので、3回以上使う予定ならWIZZエアーの会員登録をしておくとお得になります。
doko-iku.hatenablog.com

 

中東は、ヨルダンとイスラエルに行って、そこからブルガリアへ。

恐らく、ブルガリアの物価はヨーロッパの中で安い分類に入るので、ここで必需品は揃えましょう。リラの修道院はおすすめです。

 

そのあとは、バルカン半島を通ってイギリスへ。クロアチアあたりからFlixBusという綺麗で格安バスが出ていますので、これを使うのがおすすめです。

鉄道を使いたい場合はGoEuroで時刻と値段を確認しましょう。

doko-iku.hatenablog.com

 

そして、無事イギリスまで陸路で到着し、イギリス留学へ。

フィリピンでの留学と違い、本当に多国籍。授業に対する姿勢とか、発言とかまったく違います。値段も全然違います(笑

これも、これでいい経験でした。ちなみに、イギリスしてネイティブの発音になれるとは思えませんでした。

doko-iku.hatenablog.com

 

私の旅はこんな感じで終わりました。

帰国したら29歳。30歳のラインがまじかに見えています。でも、本当にいい思い出ができたというか、最高な20代だったなと思っています。

自分の今後に迷っている方がいるなら、私は恐らく、

リスク取れるうちに色々やっておけ!

これに限ります。もちろん、全部自己責任です。これを言われると、私も突き放された感じがしますけど、大丈夫です。なんとかなります。

日本人ってだけで、生きてく術はいくらでもあります。だから、思いっきり一歩踏み出しましょう。

ヴィパッサナー瞑想 修行の効果とやり方

f:id:el-taktak12:20190205023503j:plain

 

前回は、ヴィパッサナー瞑想のコースに参加した感想を書かせてもらいました。

 

こちらも参考にしてください。 

doko-iku.hatenablog.com

 

今回は、ヴィパッサナー瞑想のやり方と、効果について書いていきたいと思います。

 

 

ヴィパッサナー瞑想とは

インドにおける、最も古い瞑想法の一つで、ゴータマ・ブッダにより発見されたものです。

 

ヴィパッサナーとは、「物事をありのままに見る」という意味で自己観察によって、自己の浄化を行う方法です。

 

自己の浄化とは主に、自身が持つ苦悩だったり、人生における苦難への対処法であったり、社会への積極的な関わりを促す方法だとされています。(日本ヴィパッサナ協会参照)

 

1日目~3日目で修行する訓練内容

まず、ヴィパッサナー瞑想を行う前に3日ほどかけて訓練をします。なぜなら、この瞑想法の原点である重要な部分になるからです。

 

それは、

 

鼻で呼吸する際に、息が肌に触れていることを感じる

 

こと。

 

主に上唇を底辺に鼻の根本を頂点とした三角形を徹底的に意識して呼吸をします。鼻の穴の入口部分とその下の上唇までの部分に、息を感じ取ることができれば合格です。

 

この方法を朝から晩まで、徹底的に3日間の訓練を行います。

 

もちろん、瞑想する時と同じ姿勢で行います。

 

 

3日目~4日目にかけて行う訓練

次に行うのが、上唇を底辺として鼻の穴の入口までの台形部分。ここに息が当たるのを感じる訓練を徹底的にします。

 

センセーション(感覚)を感じ取ることが、とても大切だと説明で言っていました。

 

 

f:id:el-taktak12:20190205023639j:plain

 

5日目~7日目、本格的なヴィパッサナー瞑想のスタート

5日あたりからヴィパッサナー瞑想の本格的な修行が始まります。始まる前に瞑想法の教えを請う詠唱をします。

 

やり方ですが、主に自分の体の中の一部分に意識を集中させます。そして、最初は頭のてっぺんから、そして徐々に下へ下へと意識を移動させていきます。

 

移動させながらその部分ごとに感覚を感じるよう修行します。

 

どんな感覚かは人それぞれ異なります。電気が走る感じの人もいれば、脈打つ感じなどの人もいるそうです。

 

 

7日目~8日目、応用スタート

ここから主に、意識を体の左右両方、同時に感じるように瞑想を行います。

 

順番は頭のてっぺんから足のつま先まで、そしてまた頭のてっぺんに戻ってくるというような手順です。

 

体の部分ごとに、感覚が見つけられない場合は、そこに意識を最大5分ほど集中させて感覚を見つける瞑想訓練をします。

 

見つからなくてもがっかりするなど感情を入れることをしてはいけないとのことです。

 

8日目~10日目、成果の確認方法と感覚の変化

ひたすら瞑想ですが、時折、今どれぐらいの進捗具合か、感覚を感じることができるようになっているか確認するため、

 

体の一部分に棒を当てた時のイメージをして、その部分のまりにに感覚を感じ取ることができるか、

 

というようなテストを各自でします。

 

また今まで感じていた感覚を、今度は波のように体の隅々まで渡っていくように意識をしたりします。

 

パンニャ(知恵)の取得

これは10日間を通して、座学という形で行われます。

 

客観的に自己を見るために、どういう風に自分と向き合えばいいのか、ブッダが歩んできた道、考え方、寄付の重要性など。

 

ただ単に瞑想を実践するだけでなく、この瞑想法に対する理解を促進する、つまり知恵のことをパンニャと呼んでいます。

 

パンニャとサマーディ(心の統率力)がヴィパッサナーにおいて重要な部分になります。

 

 

f:id:el-taktak12:20190205023818j:plain

 

ヴィパッサナー瞑想の効果

 

上でも少し効果を書きましたが、主に表れるメリットは

 

・ネガティブな考えがなくなる。

・客観的に物事を見ることができるようになる。

・感情的でなくなる

アルコール中毒精神疾患などの症状回復(病気の治療目的で瞑想を行っているわけではないので勧められていません)