旅ろぐinfo

旅に関する情報や、日記などをお届け。

10日間の瞑想修行で実践した、ヴィパッサナー瞑想のやり方と効果

前回は、ヴィパッサナー瞑想のコースに参加した感想を書かせてもらいました。 こちらも参考にしてください。 doko-iku.hatenablog.com 今回は、ヴィパッサナー瞑想のやり方と、効果について書いていきたいと思います。 ヴィパッサナー瞑想とは 1日目~3日目…

ヴィパッサナー瞑想 ダンマ・プシュカルで10日間の瞑想修行を終えて

インドでかなり有名な瞑想修行、ヴィパッサナー瞑想をしてきました。 最初は軽い気持ちで参加したのですが・・・・・・。想像以上にきつかったです。 ただ、成果もかなりありました。 さて、今回はそんなヴィパッサナー瞑想の10日間と終わった後の感想につい…

旅人・留学・ワーホリから日本に帰国。損しないための社会保険手続き

前回は旅・留学・ワーキングホリデーなど、出発に際して社会保険等の手続きについて書かせていただきました。 doko-iku.hatenablog.com さて今回は、海外から帰国した際にしなければいけない手続きということで記載させていただきます。私の経験をもとに書い…

ポーランドのスポーツウェアブランド 4Fの紹介と使った感想

ポーランドのスポーツウェアブランド、4Fをご存知でしょうか。 恐らくまだ日本には進出してないと思われますが、意外にもヨーロッパ。特に東ヨーロッパやバルカン半島などで良く取り扱われているブランドになります。 私も旅をしていた時に、このブランド…

スタンが付く中央アジア7か国、入国のためのビザ情報まとめ(2019年最新版)

キルギスタン・ウズベキスタン・カザフスタン・タジキスタン・トルクメニスタン・パキスタン・アフガニスタンと、中央アジア周辺にスタンという国が7つほどあります。 一時期はビザを取るのが時間がかかり、さらに難しいので中央アジアを旅するのは少し難易…

ベルギーの物価調査 外食・スーパー・宿の値段

今回の物価調査先は、ベルギーです。ブルージュという町を参考に物価を調べてきました。 ベルギーというと、チョコや小便小僧が有名だったり。そして周りはドイツやフランスに囲まれており、西ヨーロッパの構成国でもあります。 さて物価についてですが、、…

意外と簡単!陸路入国で手に入れるイギリス短期留学 学生ビザ

イギリスへ3週間ほど留学に行ってきました。 入国の際にShort term student visa(6カ月以内の留学の場合)を取らなければいけませんが、ほとんどの方はヒースロー空港から入国し、そこでビザを取られると思います。 コメントを見ていると、入国審査がかなり…

WIZZエアーを使い倒す。ヨーロッパを格安で旅するための使い方

みなさん、WIZZエアーってご存知ですか? 中東やヨーロッパへ旅をした際、よく使ったのがここ。 このWIZZエアー、なんといってもチケットが安い!SkyScannerでも大体一番最初に表示され、そのなかには片道10ユーロなんてものも。 ただ、残念ながらその値段で…

ヨーロッパの移動手段とおすすめサイト Flix BusとGo Euroを使い倒そう!

今回、バックパッカーとして西ヨーロッパを旅してきました。 なかなか西ヨーロッパは綺麗な場所がたくさんあり、どこに行こうか迷ってしまいますよね。しかも中には飛行機ではなかなか行けないような場所もあったりと。 そんな場所を含め、安く、早く移動す…

EC Englishオックスフォード校 イギリス留学の良かった・悪かった点

こんにちわ。けいです。 12月初旬から3週間ほど、イギリスのオックスフォードにあるEC Englishという学校で短期留学してきました。当初、イギリスで留学するのだから ブリティッシュイングリッシュを学べるだろう! と色々期待していたのですが、、、 残念な…

ボスニアヘルツェゴビナの物価・両替情報

こんにちわ。けいです。 今回の物価調査先は、ボスニアヘルツェゴビナという国です。 あまり聞いたことがない国だと思いますが、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件。これが起こったのがこの国です。 20年前まで内戦をやっており、少し暗いイメー…

世界複合遺産マケドニア、オフリドとセントナウンへの行き方・紹介

今日はあまりなじみのないマケドニアのオフリドという町について紹介したいと思います。そもそも、このマケドニアという国、ほとんど日本人には知られていません。 地球の歩き方もマケドニアについて記載されているものはないです。それほどマイナーな国です…

サラエボで無賃乗車。あまりに理不尽だが罰金を払うはめに・・・

バルカン半島もようやく中盤にきて、今はボスニアヘルツェゴビナの首都、サラエボに居ます。 そしてタイトル通り、 無賃乗車で捕まり、罰金を払いました。 ただ、あまりに理不尽です・・・ サラエボに行った際は、私と同じ目に合わないように、、 私がやられ…

ドヴロブニクの物価と両替・ATM使用時の注意点

こんにちわ。けいです。 今回の物価調査先は、かなり有名スポットでもあるドヴロブニクについて。ここは本当に綺麗で観光地化されている分、物価がバルカン半島の中で一番高いんじゃないかと言ってもいいぐらいです。 さて、そんなドヴロブニクについて、今…

イランの病院は、治療費が安い。初診料は1ドル以下

こんにちわ。けいです。 先日、イランに行ってきました。もちろんバックパッカーとしてですが。最近イランというと、アメリカの制裁を受けて経済が困窮しているなどと聞きます。それは確かに事実で、ドルの値段が異常に跳ね上がっています。 毎週、少しずつ…

トルクメニスタンの物価・両替、イラン(バジガラン)への国境越え、その他有益情報

前回からの続きです。(前回の記事はこちらを参照してください) doko-iku.hatenablog.com 今回は私がトルクメニスタンに4日間滞在した中で、かなり役立つと思った情報を残していきます。 アシガバードから、イラン(バジガラン国境)へ抜ける方法 国境での…

クフナウルゲンチ⇒地獄の門⇒アシガバードへの行き方 トルクメ完全ガイド②

前回は国境の越え方と、クフナ・ウルゲンチの町について説明しましたが、今回はクフナウルゲンチからダルバザのガスクレーターを見るまでについて説明していきたと思います。 前回記事 doko-iku.hatenablog.com クフナウルゲンチからシェアタクシーでダルバ…

ウズベキスタン⇒トルクメニスタンの国境越えと、国境の町クフナウルゲンチ情報 トルクメ完全ガイド①

バックパッカーにとって最大の難所、トルクメニスタン。 前回はそのトランジットビザの取り方を説明させていただきました。 doko-iku.hatenablog.com さてさて、今回はウズベキスタンの都市ヌクスから国境を越えて、コノウルゲンチまでの道のりと注意点につ…

トルクメニスタンビザ 申請から発行までinタシケント

このトルクメニスタンビザ、本当に骨が折れるんです。なぜなら、予定通りにビザが発行されなかったり、申請が拒否されたりと、中央アジアで一番ビザの取得が難しい国と言われているから。 さすが、中央アジアの北朝鮮と言われるぐらい。基本的に旅行者は入れ…

シムケント⇒タシュケント カザフスタン滞在記

シムケントはカザフスタン第三の都市と言われるぐらい、それなりの規模がある。 旅人がここを訪れる理由は主に3つ。 ①コジャ・アフメド・ヤサウィ廟の遺跡がシムケントから片道2時間ほどの場所のトルキスタンにある。 ②JCBのクレジットカードがカザフスタン…

ビシュケク⇒シムケント 念願のキルギス脱出 キルギス沈没日記 

ようやくイランビザが出た。代理店から1通のメールが4時ごろ入りホッとする。 8月はイラン大使館の夏休みで、スタッフも交代に休むらしい。そんな関係でビザの発行作業が進まずに約3週間も待たされることになった。しかし、ようやく出国できる。身柄を抑えら…

ウズベキスタンの両替と物価情報

カザフスタンからウズベキスタンへ、ここの国は今まで行ったスタンの国とは打って変わって、道がしっかりと舗装され、街並みは綺麗。人もオープンで明るい人が多いと、一番中央アジアの中では良いイメージがあります。 2017年までは、ドルに対しての公定レー…

病人続出。ビシュケクで英語ができる病院はここだ。 キルギス沈没日記

キルギスタンに到着して早3週間が経とうとしている。短期滞在型の私としては一か国で3週間を超えるのは初である。そして、苦痛で仕方がない。移動できない苦痛もあるが、なんとこの3週間、ほぼ体調不良で動けずにいる。 「中央アジアに入ったら洗礼を受ける…

ウイグル自治区 カシュガルにて カシュ到着、アニマルマーケットは面白い

ウルムチから朝9時の寝台列車に乗りカシュガルに向けて出発。到着は翌日の早朝であり、約20時間以上の列車旅が始まる。寝台列車は縦に3つベッドがあり、スペースも狭く寝にくい。ただ自分のベッドは一番上の段で狭いがそれなりに快適だ。やることがないので…

ウイグル自治区 カシュガル The Hathpace Folk House 知られざるもう一つの顔、立ち入り禁止区域にて

カシュガルのオールドタウンについて、前回の記事で書かせてもらったが、実をいうとここと近接している同じようなエリアがもう一つある。カシュガルに行ったことがある人は知っていると思うが、名前はThe Hathpace Folk Houseという、オールドタウンに似たよ…

カシュガルからキルギスタンへ。国境越えできるのはオシュへのルートのみ

カシュガルからキルギスタンへ抜ける方法を記載させてもらいます。 実を言うと、キルギスへ国境の越え方として2通りあります。 ①ナルイン方面に抜けてビシュケクまで行く赤ルート ②サリタシュ経由でオシュへと抜ける青ルート 私はできるだけ早くビシュケク…

アニマルマーケットの相場・場所 キルギス沈没日記

ここビシュケクにビザの関係で最低でも一週間は滞在しなければいけない。そんな状況で、ここサクラゲストハウスにずっと居続けるのもよくないと思い、とりあえずカラコルにあるアニマルマーケットを目指した。 世界で2番目に大きいとどこかで書いてあったが…

盗難のケースと防ぎ方 キルギス沈没日記

ビシュケクに沈没してから早一週間以上経ち、色々な日本人の方が宿に泊まっては出てと、私より先にどこかに行ってしまう。そんななかでよく聞くのは、盗難だ。私はまだ遭遇していないが、盗難にあったという話をよく聞く。 主な手口は二つ。 ①人混みの中で、…

キルギスタンの両替・物価事情

こんにちわ。けいです。 旅人になってから、はや3ヶ月が経ち、今はキルギスタンという中央アジアの1か国に居ます。ここは親日国で知られていますが、日本からの直行便などはありません(笑) キルギスタンって言ったら、最近だとアラカチューなどの誘拐婚…

イランビザ発行は2週間後orz キルギスタン沈没日記

今回の旅で3か国目となるキルギスタンへ入国。ビシュケク、という町の響きに社会人のころから行ってみたいと憧れている先でもあった。 泊まるホステルを探していたのだが、なぜかこのビシュケクという町、ホステルの評価がほぼ8.5以上とかなりレベルが高い…