旅ブロ.com

旅好きのけいちゃんです。旅に関するお役立ち情報や、海外に関することなど発信していきます!

航空券を安く取るための6つのポイント 国際線・国内線

f:id:el-taktak12:20180227232028j:plain

今日は格安航空券をさらに安く取る方法。ということで、ご説明したいと思います。もちろん、ネットのサイトや旅行会社で買うのも安いですが今回ご説明するいくつかのポイントを押さえれば、さらに航空券の費用を安くすることができます。

過去、私はこれらをうまく使って半年間の世界一周で90万以内に費用を収めました。(もちろん、節約術はこれだけではありませんが・・)

ぜひ、賢く旅をするうえで参考にしてみてください。

 

日本発のチケットを取ると値段が高いことが、しばしばある

昔ほどではないですが、日本出発・海外行きのチケットを取ると値段が高いことが、しばしばあります。

仮に同じ目的地でも、近場の上海やインチョン空港から目的地まで探すと値段がかなり安くなります。金額によっては、上海やインチョンまで自分で格安航空券を取り、そこから目的地まで、また航空券を買う。手間はかかりますが、LCCや時間をうまく合わせれば格安で行けることができます。

 

スカイスキャナーやKAYAKが必ずしも安いとは限らない

例えば、最近よく聞くようになった春秋航空やエアーアジアなどはLCCと呼ばれ、格安で航空券を提供する代わりにサービスが最小限だったり、手荷物制限が少なく厳しかったりします。そのためかどうかはわかりませんが、KAYAKやSkyscannerなどの航空券検索サイトには、これらLCCは出てきません

ですので、日頃からLCC航空会社のホームページをチェックすることや、キャンペーンのお知らせを受けるためメール登録することでお得に航空券をゲットできます。中には900円などで売り出されてることもあるので要チェックです。

 

f:id:el-taktak12:20180228004118j:plain

 

外国の国内線の値段と、バスの値段が同じ

これは中国であった話なんですが、バスと飛行機、どちらで行っても値段は同じ。時間は圧倒的に飛行機の方が早い。というようなことがありました。しかも片道3,000円とか・・・。

これはエアバスと言って、利用者が多いからできるみたいです。もちろん、本数も圧倒的にエアバスが多かったです。

これも、skyscannerで検索したら10,000円以上で出ますが、中国のアプリで航空券を取ったら3,000円程で行けます。

なかなか中国語などは一人で使いこなすことは難しいですが、ホテルやホステルのスタッフに言えば代わりに取ってくれます。(現地の旅行代理店は使ったことないため不明)

 

大型連休や土曜日は避けるべし

言うまでもありませんが、日本人が一斉に休暇を取る季節はGWやお盆など大体皆同じです。海外旅行にはベストなタイミングですが、人が集中する時期は航空券もすぐ売れるので必然的に高くなります。

なるべく休みに入る1日前や、人が集中する混雑時を避けることで、航空券を安く取得することができます。

 

f:id:el-taktak12:20180228010547j:plain

 

地方路線をうまく使え!

例えば日本からニューデリーに行くよりも、コルカタに行った方が断然安いです。(距離的な面も関係ありますが・・・)

時間的に余裕があるなら地方の空港から入国した方が安く済むことが多々あります。

もちろん、どういうふうに探すかがポイントになると思いますが、そこはSkyscannerやKAYAKで、国の名前を入力すれば行きたい都市名がでてくるので、検索して値段を比較すればベストな金額がでてきます。

 

株主優待券をうまく使う

これはANAJALの株主に対してもらえる優待です。年に1回、株数によっては2回以上、片道50%オフの株主優待券がもらえます対象路線は国内のみになっているので、残念ながら海外に行く場合は使えませんが、持っていて損はない内容になってます。

貯金をしても利息なんてほとんどつかないので、こういう形で株を買うのもいいかもしれませんね。株初心者の方はNISAを使えば税金がかからなくなるのでチェックしてみてください。

 

以上です。なかなか知っているようで知らないポイントを自分の経験から挙げてみました。このポイントを意識して使えば必ず安く旅行することができます

 

ぜひ!今後の参考にしていただければと思います!