旅ろぐinfo

旅に関する情報や、日記などをお届け。

ニートになってから1週間。やりたいことがあるためと言って会社を辞めた人間の心情

ニートになって1週間経った、けいです。

今日は、先月までバリバリ働いていた人間がいきなりニートになった時、どんな心境になるのか、ブログに記したいと思います。

 f:id:el-taktak12:20180407135501j:plain

心にぽっかり穴が開いたようになる

先月までバリバリ働いて、最後までやり切って半期の優秀賞を取って即終了みたいな終わり方をしました。次の日から一気になにもやることがなくボーっとする毎日。ボーっとしていることに対して、何か物足りなさを感じます。そして落ち着かない。何か動いていないといたたまれない感じがあります。

将来への不安を感じる

他の同世代が働いている中で自分だけがボーっとしている状態です。いくらやりたいことがあるからと言って辞めても、周りがそんな感じだと、自分の選択は本当に正しかったのだろうか、と自問自答してしまいます。

働きたくてしょうがなくなる

不思議なもので、長期連休とニート期間は全くの別物です。連休は終わりの日がありますが、ニートは終わりがない。次がないのです。(次の職があれば別)そして不思議と働きたいという気持ちが沸いてきます。(プライベートの先輩にそれを言ったら、「お前は完璧に社畜化されてるな」と笑いながら言われました。)

今までとは別の視点で周りを見るようになる

平日に私服を着て都内をあるいていると、「あー、スーツ着て頑張っているな」「この人はなんで平日にいるんだろう」など、今までなかなか見えていなかった面が見えるようになります。私服の同世代なんてまずいないです(笑)

1日が早い

社会人だったころは、毎日がルーチン化しており、やることもほとんど同じでした。そんなこともあって、1日がすぐ終わってしまうんだろうな。と思っていました。思っていたんですがニートになっても1日は早いです。結局、歳を取ったら時間の感じ方が早くなるのは、どんなことをやっていても同じのように思われます。

f:id:el-taktak12:20180407135724j:plain

結論

すぐに行動に移さないと、たぶんやばいことになる。これが私の感想です。色々な意味がありますが、何かをやらないと一瞬で1年が終わりそうな勢いです。頭の回転も鈍ってきていることを感じます。そして不安で押しつぶされそうです。正常と言えば正常なのかもしれませんが、人事が転職者のブランク期間を気にするのもなんとなくわかる気がします。社会人にとってニートっていいように受け止められがちですけど、意外にいいものでもなんでもありません。やっぱり人間、ないものねだりなんでしょうね。