旅ろぐinfo

旅に関する情報や、日記などをお届け。

ウイグル自治区 カシュガル The Hathpace Folk House 知られざるもう一つの顔、立ち入り禁止区域にて

カシュガルのオールドタウンについて、前回の記事で書かせてもらったが、実をいうとここと近接している同じようなエリアがもう一つある。カシュガルに行ったことがある人は知っていると思うが、名前はThe Hathpace Folk Houseという、オールドタウンに似たような、崩れかけた場所である。

このエリアに関しては、未だ地元民は住んでいるものの、入口には警官がおり観光客などは一切立ち入りできない場所である。

そんな場所であるが、今回偶然にもその中に入ることができたので、状況を伝えたいと思う。

f:id:el-taktak12:20180819231449j:plain

まず外側だが、絶賛崩壊が進んでいる状況だ。残念なことに修復される見込みもなさそうである。左奥は駐車場になっているが恐らく、元はここも街並みが広がっていたと思われる。

 

f:id:el-taktak12:20180819231524j:plain

外にはツーリスト向けの看板があり、要は改装中のため入れませんとのこと。しかし工事や修復作業などをやっている様子はまったくない。看板を見るに2016年から掲げられているようだ。

 

f:id:el-taktak12:20180819231647j:plain

あまり人気がない、後ろの入口から駆け上がって中に入る。

 

f:id:el-taktak12:20180819232110j:plain

中の様子は、オールドタウンの裏道に入ったような感じだ。子供たちも普通に遊んでいる。私を見ると、子供たちがニーハオニーハオと声をかけてきた。

 

f:id:el-taktak12:20180819232242j:plain

水道は普通に通っているようだ。

 

 

f:id:el-taktak12:20180819232210j:plain

歩けば歩くほど、崩壊している家や建物が多くなってくる。しかも、まったく修復されておらず。またされる見込みもなさそうである。

  

f:id:el-taktak12:20180819232619j:plain

 街の端に行けば行くほど崩れた個所が目立つ。当然、崩れている辺りには人の姿などはない。

 

特段、写真にしたりするのがまずいものなどはなく、そこには崩れかけている街の中で、普通のローカルな生活が広がっていた。

おそらくだが、この場所は10年以内になくなるのではないだろうか、ということだ。政府的にもここを潰して、中国的な街並みを整えたいではないだろうか。現に既に崩壊した場所は原っぱになっており、立て直しや修理などの兆しもない。

古い町並みを壊して中国的なものにする。これが中国流の発展なのであろう。