旅ろぐinfo

旅に関する情報や、日記などをお届け。

ウズベキスタン⇒トルクメニスタンの国境越えと、国境の町クフナウルゲンチ情報 トルクメ完全ガイド①

バックパッカーにとって最大の難所、トルクメニスタン

 

前回はそのトランジットビザの取り方を説明させていただきました。

 

doko-iku.hatenablog.com

 

 さてさて、今回はウズベキスタンの都市ヌクスから国境を越えて、コノウルゲンチまでの道のりと注意点について説明して行きたいと思います。

 

これから行く方、必見です!

 

f:id:el-taktak12:20190102005105j:plain


ウズベキスタン(ヌクス)からトルクメニスタン(Koneurgench「クフナ・ウルゲンチ」)国境

トルクメニスタン入国に際して、目当てであるダルバザに行くためには、クフナウルゲンチか、タシャウスのどちらかになります。(ルート的に他の都市は大周りになる為)

 

今回、私はクフナウルゲンチ経由で入国。

 

まず、ウズベキスタン側のヌクスから国境までですが、基本的にシェアバンを3回程乗り継いで行くことになります。ヌクスにメイン市場がありますが、そのすぐそばに乗り合いのバン乗り場があります。

 

そこからホジェリという場所まで一度いかなければいけませんが、この間に1回乗り換え。(ホジェリと言えば通じます)

 

ホジェリから国境まで直通のバンが出ているのでそれに乗車。3回程、乗り合いバンに乗り目的地まで向かいます。 

それぞれ2000ソム以下(正確には確か1300ソムだった)。6,000ソムあればヌクスから国境まで行けます。

 

ウズベキスタントルクメニスタン国境

ウズベキスタン側のイミグレでは特段なにもありません。

 

滞在登録を求められることもなく、荷物・パスポートチェックもすぐに終わります。地元住民の移動で列ができていても旅行者は優先的に通してくれるみたいで、時間もほとんどかからないんです。スタッフも笑ってて極めて友好的でした。

 

一方のトルクメニスタン側国境ですが、こちらも特段態度が悪いとかそういうこともなく、終始笑顔。英語も若干喋れる。ただ、

 

「ダルバザを見に来たのか?ダルバザ、ダルバザ」と、どのスタッフも連呼。

 

そして、トルクメニスタンに来た理由は観光か?」

 

と、トランジットビザを確認しているにも関わらず聞いてきます(笑。

 

ここは必ずトランジットであることを主張すること

 

もう一つ旅程を聞かれるが、ダルバザの名前を入れないのがベストだと思われます。私の場合、クフナウルゲンチで1泊、アシガバードで2泊と書いて無事に通過できました。荷物もかなり厳しくチェックされました。写真をチェックされたり、常備薬を1錠とられたりと、あとポルノ画像や動画も禁止なので削除していくことをおススメします。

 

国境ですが、夕方の18時まで開いています。それと、昼休みが1時間あるのでその時間は入れません。ウズベキスタントルクメニスタンに時差はないので、時差の心配はありません。

 

あとトルクメニスタン国境の周りは本当に何もないので注意が必要です。少し歩いたらタクシーが何台かとまっているだけです。。。

 

トルクメニスタンビザについてですが、入国日が記載されており、その日までに入らなければいけない、と思っていたのですが実際は違うみたいで、1日や2日ずれても問題ないそうです。(スタッフ確認済み)

 

国境からKoneurgench(クフナ・ウルゲンチ)まで

国境を越え、少し歩いたところに個人タクシーが待ち構えています。それ以外は野原です(笑)

 

ここの国境から近場のコノウルゲンチまで、50セント~1ドルで行けます。そして、

 

現地のお金がなくても1ドル出せば乗せて行ってくれます。

 

ただお釣りなどは持っていないので、1ドル札を用意するのがベスト

 

クフナウルゲンチの宿とシェアタクシー乗り場、見所

f:id:el-taktak12:20180930212102p:plain

 

正直、ここの国境の町はびっくりするぐらい廃れており、道路はメイン通りしか舗装されておらず。他はボコボコの土道。本当に金持ちの国なのか?(笑

と思うレベルです。

地図が見えにくくて申し訳ないですが、簡単に説明していきます。

 

宿泊施設(赤マーク):ウルゲンチホテル

 

値段が120~130マナト。ツーリストプライス。現地民は半額で泊まれます。

値段交渉を試みるも値段表ができており、政府お墨付きのハンコもあったので無理。

 

私が探した中で宿はこの1件のみ。施設はぼろく、なぜか1部屋にベッドが5台ほどありました。風呂場は錆があったりするが、許容範囲。

 

 

シェアタクシー乗り場(黄色マーク)

 

ここから首都や地方都市へ向かいます。夕方はシェアタクシーは少ないですが、朝の8時や9時に行けばかなりの台数が待ち構えています

 

シェアタクの運ちゃんも「ダルバザに行きたい」と伝えれば一発で通じます。値段はピンキリですが、私は100マナトで行きました。

 

ちなみに、アシガバード行きのバスも出ており、朝の6時頃に出発します。

 

 

ユネスコ世界遺産申請中の建物(青マーク

 f:id:el-taktak12:20190102004932j:plain

若干門が倒れそうな、向かい合ったモスク。あまり記憶にはないのですが(笑

 

ここで記載した理由が、この建物を見に行こうとする際に小屋がありますが、ここに立ち寄らされます。(スタッフに呼ばれる)

そうするとパスポートのチェックを受け国境の管理人に電話でつながれました。

 

私が言われたのは「お前はなんでここにいる?」と。

 

適当にはぐらかしましたが、さすがに驚きました。注意が必要です。

 

しかしこの町、世界遺産や、未修復のモスクがあったりといい味がでてます。一泊する価値はあるかもしれませんね。

 

以上、トルクメニスタンの情報でした。

 

他のトルクメニスタンの情報もぜひこちらでチェックしてくださいね!

doko-iku.hatenablog.com

doko-iku.hatenablog.com