クフナウルゲンチ⇒地獄の門⇒アシガバードへの行き方 トルクメ完全ガイド②

f:id:el-taktak12:20190108142232j:plain

 

前回は国境の越え方と、クフナ・ウルゲンチの町について説明しましたが、今回はクフナウルゲンチからダルバザのガスクレーターを見るまでについて説明していきたと思います。

 

前回記事

doko-iku.hatenablog.com

 

クフナウルゲンチからシェアタクシーでダルバザまで移動します。約4時間程度でしょうか。道中にチャイハネ屋があるので、そこで降ろしてもらって地獄の門まで自分で行かなければなりません。

*ダルバザと言っても、地域の名前を指すだけであって、そこから地獄の門まで歩いていかなければなりません。

 

 

地獄の門(ガスクレーター)について

まず地獄の門についてですが、日の入りから夜の間が綺麗に見ることができます。

日中見たところで炎の光と日の光でそんなに感動しないような。それを逆算して、大体日の入りの2時間前ぐらいに、チャイハネ屋に着くのがベスト。

 

追記)残念ながら現在、地獄の門の周りに柵ができてしまいました。加えて、ユルトの宿泊施設のような場所もできています。観光地化し始めたのですかね・・・

 

チャイハネ屋について

ネット上でいくつか情報があるが2018年9月現在、1件しかありません

しかも警察の取り締まりでチャイハネ自体の営業はやっておらず、食事も水も買えないので要注意です。

 

場所はここ。

f:id:el-taktak12:20180930223532p:plain

(道路沿いの青いマークがチャイハネ屋、その下に地獄の門の表記がありますが、おそらく車で行く際の入口。正しくは上の青のマーク)

 

チャイハネ屋から地獄の門への行き方

ここまでがチャイハネ屋までの過程ですが、問題はここから地獄の門までの行き方。

ここのチャイハネ屋、親と子(子といってもいい年だが)で運営しており、この二人はチャイハネを営業していなくても、なぜかここにいます。

恐らく、バックパッカーがここに来ることを知っているからでしょうか。

彼らに話しをすると、いくつかの方法を提示してくれます。

 

バックパックの預かり(20マナト)

ジープを出してくれて、地獄の門を観光、1周したら元の場所まで戻る(10ドル)

ジープを出してくれ、地獄の門まで送り届け、翌朝5時か6時頃に迎えに来る(15ドル)

 

私は結局②を頼みましたが、少し時間が足りなかったかな。というのが感想です。

 

しかし、道中は車の通った跡があるので比較的道はわかりやすいですが、路面が砂であり本当に歩きにくい。しかも街灯もなにもない。このルートで、バックパックを預け2時間歩いて地獄の門まで行くのは本当にしんどいと思われます。

また、地獄の門の周りで野宿して一泊する人もいるようですが、これは寝袋、もしくはテントがないときついと思いました。理由は、このクレーターの周りがさらさらの砂だから。足も取られるし、ここで何もなしに野宿したら砂だらけだろうなと。

 

ネットを見る限り、クレーターの周りで野宿が主流らしいです。私も②を選びましたが結局、駅で野宿する羽目になりました。

上手くいけば日が暮れてもヒッチハイクができるのかもしれませんが、地力で行くとほぼ野宿が確定します。

 

地獄の門からアシガバードまで

地獄の門を見終わった後、アシガバードまでどのように行くかということが問題になります。結論から言うと、昼前後に来るバスに乗るかヒッチハイクしかありません。

以下、私が確認した情報を記載します。

 

地獄の門近くにある駅(イチョグス)

チャイハネのおじさんから、昼の12時にアシガバード行きがあると聞いていたが情報が古かったらしく、結局アシガバード行きの電車はありません。(2018年9月時点)(イチョグス駅まで行き、駅員に確認済み)

②バス

チャイハネ周辺にバス停はありません。しかし、バスは1日に1本はアシガバード行きが通っており、時間帯は昼~3時頃にかけてなので、ヒッチハイク形式で停める方法もあります。

ヒッチハイク

手を斜め下に上げるような感じで車を拾います。私の場合、朝の7時ぐらいから車を捕まえるためにやっていましたが、なかなかアシガバードに行く車がなく、かなり苦労。

1時間に1本あるかないかのレベル。アシガバードまで、50ソムで交渉するも断られ100ソムで乗せてもらえました。

 

地獄の門を見るために野宿をし、早朝にヒッチハイク。正直、かなりしんどくハードです。そんな苦労をしてでも地獄の門は見る価値があるのでぜひ行ってみてください。

 

 

併せてこちらも